セブ島の旅 Part.2

 

9月上旬のセブ島は、日中はほぼ晴れているらしいです。曇ってるかなーと思ってると隙間から日差しがお目にかかれます。宿泊中に雨が降ってきたのは、1回だけでした。

ただし夜は高確率でスコールに遭遇。30分ぐらい滝のような雨が降ってきます。

海側のバルコニーからはこれでもかというくらいの落雷見物ができました。

生でディスカバリーチャンネルの雷特集を見てるようだ。

翌朝、バルコニーから見える景色をパチリ。

朝食は果物と生野菜ばっかり食べてました。果物がなんでも美味しいですね、さすがフィリピン。コーヒー飲みながらタバコ吸えない国へはもう旅行できないねぇw

んでもって早速水着に着替えてプライベートビーチへ。

浅瀬の漂流物(海藻とか)がちょっと気になりましたけど、手入れが行き届いていて綺麗なビーチでした。喫煙エリアも確保されてるし、持ってきた本を読みながらゴロゴロした毎日。

プライベートビーチでも魚がたくさん泳いでいて、潜っていて飽きません。

持ってきたデジカメウォータープルーフケース がこれほど欲しくなったのは言うを待たぬ。

ここでシャングリ・ラ マクタンへ行こうと検討中の方へメモ

  • アメニティグッズとしてビーチサンダルが部屋に置いてあります。ビーサン持参して損しちゃったよw
  • シャンプー、コンディショナー等は使い心地良かったです。いわゆるパッサパサにはなりませんでした。(あくまで個人の使用感です。反省はしない。)
  • 日陰でも十分日焼けしてしまいますので、確実な日焼け止め・日焼け後の対策を。美白至上主義の韓国人や中国人は薄手のパーカー等を着たまま海水浴してました。無茶するのは間違いなく日本人かアメリカ人w
  • 浮き輪やシュノーケルグッズ、結構なレンタル費用かかりますw持ってた方がより楽しめますので日本から持参してきた方がよろしいかと。
  • 日焼けする前にCHIスパ行っておいた方がいいんじゃないですかねぇ、痛くなっちゃうし。

セブ島の旅 Part.1

ご、ゴンザレス。じゃねぇ、ご無沙汰しております。

今年のバカンスは5泊6日でセブ島へ行ってきました。

成田空港から約5時間、マクタン・セブ国際空港へはフィリピン航空の直行便が運行しており便利です。やっぱり直行便は楽チンだね。飛行機は個別テレビも無いし、機内食も並でした。

オフシーズンだからあんまり人いないだろうと思ってましたが、日本人観光客でほぼ満員です。

そーいえば、最近機内販売って見かけませんねぇ。化粧品とか最安値だったんですけどねぇ。

両替は安心だって事で、空港で行いました。1ペソ2円弱。あんまり買い物しない人は1万円で十分だと思う。セブに着いても何にも買いたくなる物は無いので、成田の免税店で(自分へのw)おみやげ購入は済ましておいた方がよろしいかと。

今回は福利厚生費が利用できるJTBのツアーで、シャングリ・ラ マクタンへ宿泊です。

JTBのパンフで「プルミエールルーム」と記載されているのは、オーシャンウィング プレミアシービュールームのことですね。紛らわしい。

バルコニーから海の見える部屋は清潔で素敵でしたけど、部屋の壁と扉が薄いんで大騒ぎする宿泊客が周囲にいると、まず眠れませんw

最初TVがブラウン管だったのですが、2日目に慌てて液晶TVに交換してくれました。

(利用客が来たら、リプレースするつもりだったんでしょう)

早速CHIスパの予約をして、1日目は終了です。

しかし日本で3時間コースをチョイスすると5万以上なのね・・・セブだと2万円弱ぐらいでした。ホテルの宿泊客でなくてもスパ利用はOKらしいです。それだけのツアーがあるほど有名みたいですね。