comfortableness

心地よさって「delight」かと思ってました。

仕事で履いてる革靴のソールが削れて厳しい状態になってきたんで、買い換えようかリペアしようか迷いつつ銀座へ。ってかもう買い換える気満々なんですが・・・

A店:店員一人で在庫仕分け中。客は私のみ。

声をかけてくる様子が全くないので、こちらから「大きなサイズって、どのくらいまであるんですかねぇ~?」「28cmぐらいまでですね。」で会話終了。

冷やかし客と思われたのか、あまり客に絡んでこない姿勢なのかは分かりません。

結構中上位クラスの靴屋さんなのにねぇ。

B店:同じく店員一人。客は私のみ。

当然適度に見計らって声かけ→計測→お勧め靴提示→試し履き→購入。

商品が素晴らしくても、心地よさを感じないお店ではあんまり購入したいとは思わないですねぇ。

店名は出しませんがA店さん、たぶんオーダーで作ることになっても御社では購入することは無いと思います。平日しか店開いてないってのもこれまた癪にさわるねぇ(プンスカ)

ならず者ってタイトルは間違いじゃないけど、内容に合ってないような・・・

NHKの番組「SONGS」のイーグルス特集はよかったですねぇ。

 

 

泡姫と飴職人

今日の現場は泡姫の客役

こんなにローションまみれになりまして本当にありがとうございました(笑)

リアルで行ったことは無いんだけど・・・生まれたての動物みたいな気分です。

しかし動物はよく滑らないよねぇ。泡姫の膝の青あざ(打撲跡)は名誉の負傷ですね。

ローションを調合する姿、なんだか懐かしいなぁと思ったら・・・神社のお祭りで見かけた飴職人そのものでした。桶に落とさず手でクルクル回すのは凄いッス。

足でボールをクルクル回すのはイニエスタ

クルクル目が回ってしまいそうなのはナイキの名作CM

お後がよろしいようで。

って、ローションの落とし方聞いておくべきだった!プロの処方はなかなか落ちないぜ(恥)

 

石川真奈美さん撮影 2011年1月22日 part.2(last)

御本人様のブログに掲載して頂いて恐縮ですw

では、残りの画像を僭越ながらアップさせて頂きます。

石川さん「どうもこのレオタ・・・透けてないですか?」

俺「気のせいです!(キッパリ)

今回の撮影でパワーブラケット なるものを購入して利用してみたのですが、不自然な影が写ってしまうのが軽減された気がします。

バッテリー容量も単純に倍になるのでテンポ良く撮影できるのがいいですね。

ただ、機材が百式のメガランチャーっぽくなってしまい、近くにいた舞耶さんに驚かれてしまいましたけどw

次の撮影会は2月14日ですが、個撮枠は満員のようです。団体撮影枠はまだ残ってるみたいなので興味のある方は是非是非ご参加下さい。